トップ>ワンランク上のビジネスマナー新人のビジネススキル強化と先輩社員の責任感醸成を狙う

ワンランク上のビジネスマナー新人のビジネススキル強化と先輩社員の責任感醸成を狙う

スマートフォンアプリからソリューションまで対応、さらなる事業拡大に期待

管理部リーダー 西村さん
経営企画本部 管理部 総務人事グループ
サブリーダー 上瀧さん

当社は2005年に設立し、携帯電話及びスマートフォン向けのコンテンツ開発・配信を行っております。最近では、スマートフォン上で自動再生される動画広告ネットワーク『ADBRO』やデジタルギフトコードを活用した「dgift」などのソリューションなども手掛けており、今後、さらなる拡大が期待できる分野だと考えています。

先ずはビジネスの基本を、指導する側への効果も期待

これまでの社員教育は、主に社外のオープンセミナーを活用していましたが、参加する社員によって吸収レベルに差があり、基本的なビジネススキルや業務スキルに課題を感じていました。
当社において、コンテンツ制作は主な業務であることから、人材の個性や多様性は当社の強みとなっています。一方で、時にビジネス上必要となるビジネスマナーやコミュニケーションが不足するケースがあり、先ずは、新人社員にビジネスの基本を理解させるとともに、新人を指導する先輩社員にも新人研修の内容を理解・体感させ、指導する立場の再認識と基本の再確認を行えればと考えました。

実践力を重視、ワンランク上のビジネスマナー習得へ

今回、CDAからビジネスマナー研修を提案して頂きましたが、ビジネスの基本を分かりやすく、実践的に指導されることと、後日のフォローアップもあり、知識の習得だけではなく再現性も高いと判断し研修を実施することとしました。
研修の対象者は入社二年目までの社員とし、中堅社員にもオブザーバーとして入ってもらいました。
実際の研修では、CDAの講師が社会人として求められるビジネスマナーのポイントをその必要性も踏まえて講義し、グループディスカッションやロールプレイングを通じて実践力をつけました。また、効果的なビジネスコミュニケーションをカリキュラムに入れたことで、ワンランク上のビジネスマナーを目指せる内容となっていました。

更なる組織力の向上に向けて

今回の研修は、挨拶や敬語などのビジネスマナーの基本について、なぜ必要なのかを踏まえて実践できる内容でした。また、CDA講師の迫力もあり、良い緊張感の中で社会人としての意識づけができたと考えます。二年目の社員にとっても、今更ながら目からウロコの内容が多く、先輩として後輩指導の基礎固めができ、責任感も醸成された、とても内容の濃い研修となりました。事前のヒアリングによって研修内容がカスタマイズされていたこともあり、当初の課題はクリアできたと考えます。
今後のテーマとしては、中堅社員のモチベーションアップやコミュニケーション力向上に焦点をあてた研修を実施し、組織力の向上に結び付けられればと考えています。

受講者様の声

  • ◆これまでのビジネスマナーを振り返り、思いやりの部分であったり、まだまだ自分には心掛けが足りていない点が多くあるとあらためて実感しました。本来ならマナーや気配りは意識せず自然とできるものだと思いますので、まずは、周りの人の気持ちをくみ取り行動し、自然と行うことができるように努めます。
  • ◆今回の研修は基礎でありましたが、身につけるのは大変難しいものであるということを体感しました。今後、定期的に振り返り、都度、実践できているか確認していきます。
  • ◆前回の復習を含め多くのことを学ぶことができました。まだまだ社会人として足りていない部分は多くありますが、課題を一つひとつクリアし、当社の社員として他社に恥ずかしくないよう行動していきます。
  • ◆振り返り研修ということで、前回の研修とくらべてレベルが高い内容でした。今回の研修を受講し、新たな課題や目標ができたことで、前回より格段にパワーアップできた気持ちでいます。気持ちを新たに仕事に励んでいきます。

PAGE TOP